HOME>特集>新宿の英語教室に行くときにもやってみて欲しい英語上達法

目次

学習する習慣をつけよう

Do you speak English

英語を勉強をしていくときは、学ぶ習慣をつけるようにしていきましょう。中学受験でも、小学校低学年から予習や復習をする習慣をつけることが大切だといわれています。ですから、英語は例外と思わず習慣にしていくようにすべきです。例えば、リスニングとスピーキングを鍛える学習を欠かさず行なうとそれだけ耳も慣れてきますし、話すときでも発音の違いに気づきやすくなってくるはずです。

英語教室に通う際に意識したいこと

教材

新宿などにある英語教室に通うと、リスニングもスピーキングも鍛えることができますが、教室だけの授業で満足しないことです。上達していくためには、自宅で予習を行ない、教室での授業の後には復習していくと上達しやすくなります。そして、さらに学んだことを実際に会話していくと応用練習ができます。

アウトプットすることが大事

しっかり上達させるには、アウトプットもしていきましょう。習ったことを実践するのが、アウトプットです。アウトプットすることで、英語を話すこと自体に慣れてきて、急に外国人に話かけられても落ち着いて対応することができます。

日本人が苦手な英会話を実践!

日本人は、文法や単語を覚えて完了させるというインプットだけで済ませる学習法を取りがちです。しかし、それでは実践する機会もないですし、実践しないと正しい発音を身に付けることも難しくなります。誰かと話すことが難しい場合は、独り言のようにしゃべってもいいのでできる限りアウトプットを意識して学習していきましょう。これを習慣にして実践を重ねれば、英語教室で習ったこともしっかり身に付けることができます。

広告募集中